2013年10月アーカイブ

1日体験!(山の学校さん)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 10月27日(日)、お隣の南さつま市加世田で活動を行っている山の学校さんが、親子自然体験を行いました。幼児さんから小・中学生、お父さん、お母さん合わせて56名の参加がありました。

10月 山の学校1 10月 山の学校2 10月 山の学校3 10月 山の学校4 10月 山の学校5 10月 山の学校6

 まずは、昼食のピザ生地作り。材料で生地を作り、発酵させました。その間に、みんなはさつまいも収穫へ。さつまいもは、今が食べ頃サイズ!土の中から赤いさつまいもが顔を出すと、「あった!」とみんな嬉しそうに掘っていました(^^)

10月 山の学校7 10月 山の学校8 10月 山の学校9 10月 山の学校10

 昼食は、ピザです。発酵した生地を等分して、それぞれで生地をのばしてトッピングをしました。1枚では足りずに、お母さんの分を「いただきまーす!」と取っていってしまう子も(^^)

10月 山の学校11 10月 山の学校12 10月 山の学校13 10月 山の学校14 10月 山の学校15 10月 山の学校16

 午後は、こけ玉作りとかずらかご作りを行いました。かずらかごは、お母さんたちが作りました。作り始めると、みなさん集中!すてきな作品が出来上がっていました(^^)

10月 山の学校17 10月 山の学校18

 10月26日(土)、別府保育園の学童さん36名と先生2名が自然花にて1日体験を行いました。

10月 別府保学童さん1 10月 別府保学童さん2 10月 別府保学童さん3 10月 別府保学童さん4

 ツリーハウス広場に木製遊具が完成してから、はじめて自然花に遊びに来たみんな。前回来た時にはなかった木製遊具を目にして、到着後は早速遊びたくてソワソワ。挨拶の後、早速、みんなで木製遊具で遊びました(^^)

10月 別府保学童さん5 10月 別府保学童さん6 10月 別府保学童さん7 10月 別府保学童さん8

 昼食作りもしました。今回のメニューは、釜炊きご飯、豚汁、腹皮焼きです。グループごとでそれぞれの調理をしました。女の子は、豚汁作り。野菜の皮をむいたり、包丁で切っていきました。普段から学童で調理体験をしているというみんな。包丁使いも上手でした(^^)釜炊きご飯は、男の子。火加減が上手で美味しいご飯が炊けました。腹皮焼きも男の子。炭火で焼いていくと、美味しそうな匂いが漂いました(^^)

10月 別府保学童さん9 10月 別府保学童さん10 10月 別府保学童さん11 10月 別府保学童さん12

 昼食は、みんなそれぞれお気に入りの場所で食べました。どれも美味しく、おかわり分もあっという間になくなっていました。

10月 別府保学童さん13 10月 別府保学童さん14 10月 別府保学童さん15 10月 別府保学童さん16 

 午後からは、リース作りをしました。ツリーハウス広場の周辺の山を散策し、かずらやクヌギの実を集めました。広場に戻って、かずらにそれぞれ松ぼっくりや椿の実、うめつるもどき等を付けていきました。それぞれ素敵な作品が出来上がっていました(^^)

10月 別府保学童さん17 

 あっという間に帰る時間。まだまだ木製遊具で遊びたかったみんなでした。

 10月19日(土)、まくらざき保育園の学童さん(3・4・5・6年生)11名と先生が、自然花にて体験を行いました。今回は、炭作り体験と調理体験を行いました。

10月 まく保学童(3・4・5・6年)1 10月 まく保学童(3・4・5・6年)2 10月 まく保学童(3・4・5・6年)3 10月 まく保学童(3・4・5・6年)4 

 炭作りは、今回は、一斗缶を用いて行いました。まずは、炭にする材料を準備しました。今回は、松ぼっくりと椿の実(はじけた後の)、竹と椿の木で挑戦しました。一斗缶の底の四隅に釘で穴を開けます。また、竹や椿は一斗缶に入る長さに切っていきました。

10月 まく保学童(3・4・5・6年)5 10月 まく保学童(3・4・5・6年)6 10月 まく保学童(3・4・5・6年)7 10月 まく保学童(3・4・5・6年)8 

 材料の準備が出来たら、それぞれ一斗缶に隙間がないように詰めていきます。松ぼっくりと椿の実は小さな缶へ、竹と椿の木は一斗缶へ入れました。それぞれを火にかけました。火にかけてしばらくすると、缶から白い煙が出てきました。この白い煙が高温になると、煙に火がつきます。煙が出なくなるまで、火を絶やさずに燃やしました。

10月 まく保学童(3・4・5・6年)9 10月 まく保学童(3・4・5・6年)10 10月 まく保学童(3・4・5・6年)11 10月 まく保学童(3・4・5・6年)12

 その間、みんなは昼食作りをしました。メニューは、さつまいもご飯、コンソメスープ、ピーマンの肉詰めです。ピーマンは、自然花の畑で収穫したものを使いました。玉ネギをみじん切りにしたり、ピーマンを切って種を取ったり、それぞれ調理をしました。フライパンで蒸し焼きにしました。どのご飯も美味しく、おかわりをして食べていました(^^)

10月 まく保学童(3・4・5・6年)13 10月 まく保学童(3・4・5・6年)14

 炭は、缶を火から下ろして冷ましました。みんなが、帰る頃には、真っ黒な炭が完成しました。

 7月から10月までの4回、まくらざき保育園の学童さん(3・4・5・6年生)は、『火』をテーマにいろいろな体験を行いました。火のおこしの仕方や火を使っての調理体験、土器作りや塩作り、今回の炭作り。火の性質を知って、火を使ったいろいろな体験をすることで、生活の中にある火への意識が新たになったのではないでしょうか。

 10月14日(月・祝)、「第4回 空き家活用塾」を行いました。全4回の空き家活用塾も今回が、最後となりました。

第4回 空き家活用塾1 第4回 空き家活用塾2 

 今回は、シンクの取り付けの仕方と電気の配線、取り付けの仕方についての講習でした。講師をマエノ住建さんとサメシマ電工さんにして頂きました。シンクの取り付けの際には、シリコンをタイルに打ち、その後、シンクを設置しました。

第4回 空き家活用塾3 第4回 空き家活用塾4 第4回 空き家活用塾5 第4回 空き家活用塾6 第4回 空き家活用塾7 第4回 空き家活用塾8 第4回 空き家活用塾9

 電気の配線、取り付けの実技では、サメシマ電工さんに配線などの説明をして頂き、実際に電球を取り付けました。「空き家の改修の際に、電気工事を行う際には、必ず、電気屋さんにまずは漏電の場所がないかを調べてもらい、配線や電気量などの相談を行ってください」との説明も受けました。

第4回 空き家活用塾10 

 作業終了後は、参加されたみなさんに感想を述べて頂きました。実際に、空き家をお持ちの方や現在住んでいる家を改修出来ればという方もいらっしゃいました。今回の「空き家活用塾」が、空き家問題に対して、何かの解決の糸口になってくれればと思います。手を加えることによって、空き家が朽ちていくのを防ぐだけでなく、集落の景観を保ち、空き家が活用されることによって人の出入りが増えれば、また新しい地域の形が見えてくるのではないかと感じました。参加してくださったみなさん、講師の方々、ありがとうございました。

 鹿児島県より「NPO共生・協働・かごしま推進事業」の委託を受け、今回、来年3月までの期間で7つの事業を行います。11月より『耕作放棄地の活用事例講習会』を実施します。耕作放棄地を活用し、実際に、初心者からでも始められる野菜栽培の方法を講習します。野菜作りを身近に感じてもらう為、親子での参加も大歓迎です。詳しい日程は、後日お知らせ致します。

 10月13日(日)、「第3回 空き家活用塾」を行いました。

 この事業は、鹿児島県の委託を受け「NPO共生・協働・かごしま推進事業」の一環として行います。委託内容として「空き家・耕作放棄地の再生による、地域とつながる誰にとっても出番と居場所がある交流の場づくり事業」を行います。

 今回は、「空き家活用塾」の3回目。空き家の実態を把握し、活用の具体的手法を実技を行いながら学びました。今回は、初めての参加の方が8人、今まで続けて参加された方が5人でした。講師は、第1回に引き続き、枕崎市のマエノ住建さんに来て頂きました。

第3回 空き家活用塾1 第3回 空き家活用塾2 第3回 空き家活用塾3 第3回 空き家活用塾4 第3回 空き家活用塾5

 今回は、まず、壁紙の貼り方の講習を行いました。壁紙を壁の高さよりも長めに切り、水で溶いたノリをローラーで塗っていきました。壁紙のつなぎ目をきれいに貼り合わせていく職人技に参加されたみなさんの視線は、釘付けでした。 

第3回 空き家活用塾6 第3回 空き家活用塾7 第3回 空き家活用塾8 第3回 空き家活用塾9

 その他、壁張り、フローリングマットの貼り付けを行いました。

 作業終了後は、自然花にて座談会を行いました。マエノ住建さんに空き家を改修するにあたっての質問にお応え頂きました。今回は、初めて参加された方から、空き家のシロアリ対策についての質問が出されました。

第3回 空き家活用塾9 第3回 空き家活用塾10 

 写真は、作業終了後の壁、床の様子です。少し手を加えるだけで、見た目もずいぶんと変わります。空き家に自分たちで手を加えることによって、愛着も湧き、活用の用途も増えていくのではないかと思います。

 10月8日(水)、9日(木)の1泊2日の日程で修学旅行生が宿泊体験を行いました。今回は、大阪府立清水谷高等学校の男の子3名でした。

 1日目は、枕崎に夕方着となっていましたが、みんなが大阪を出発したのは当日の朝。当日は、台風24号が接近しており、当日まで飛行機が飛べるのか心配でした(><)風の影響を受け、飛行機は揺れたそうです。夕方、自然花に到着したみんなは、1日目はゆっくり過ごしました。

10月 大阪府立清水谷高校2 10月 大阪府立清水谷高校1 10月 大阪府立清水谷高校3 10月 大阪府立清水谷高校4 10月 大阪府立清水谷高校5

 2日目は、朝食の後、いよいよ農業体験へ。今回は、冬に収穫する白菜の苗を植えつけました。肥料蒔きやうね作りをした後に苗を植えました。さつまいも収穫もしました(^^)作業中、強い日差しが照りつける暑い日でしたが、みんな笑顔で頑張ってくれました。

10月 大阪府立清水谷高校6 10月 大阪府立清水谷高校7

 その他、タンカン畑での摘果作業や現在、自然花で取り組んでいる「空き家活用塾」の空き家で床貼りの体験もしました。

10月 大阪府立清水谷高校8

 午後からは、今度は霧島に向けて出発していったみんな。残りの修学旅行も楽しい時間を過ごせたことでしょう(^^)

 

 10月5日(土)、お隣の南九州市頴娃町にある青戸小学校の5年生が自然花にて学級レクレーションを行いました。

 当日は、あいにくの雨...(><)自然花の建物内での制作体験を行いました。

10月 青戸小5年レク1 10月 青戸小5年レク2 10月 青戸小5年レク3 10月 青戸小5年レク4 10月 青戸小5年レク5 

 今回は、ランプシェード作りを行いました。用意した布に貝殻をボンドで貼り付けていきます。親子での共同制作です。お父さん、お母さんと会話をしながら、それぞれ進めていきました。

10月 青戸小5年レク6 10月 青戸小5年レク7 10月 青戸小5年レク8

 ボンドが乾くのを待つ間、ピザの生地作りを行いました。3グループに分かれて、子どもたちが中心になって生地をこねました。お父さん、お母さんたちは、横で笑顔で見守ります(^^)

10月 青戸小5年レク9 10月 青戸小5年レク10 10月 青戸小5年レク11

 昼食時には、雨が小雨になり、ツリーハウス広場にてピザ焼きを行うことができました。1人1枚ずつ焼いていきましたが、さすが5年生。あっという間に食べ終わっていました(^^)

10月 青戸小5年レク12 10月 青戸小5年レク13 10月 青戸小5年レク14 10月 青戸小5年レク15

 ツリーハウス広場で遊んだ後、ランプシェ?ドの仕上げをしました。貝殻を貼り付けた布を筒状にして、上下に針金を通します。最後に、脚をつければ完成です。お父さん、お母さんと一緒に作ったランプシェード。みんなすてきな作品が出来上がっていました(^^)

 

 10月2日(水)、3日(木)の1泊2日の日程で修学旅行生が宿泊体験を行いました。今回は、奈良県立西の京高等学校の女の子3名でした。

10月 西の京高校1 10月 西の京高校2 10月 西の京高校3 10月 西の京高校4 10月 西の京高校5 10月 西の京高校6

1日目、到着したみんなは、早速、魚さばき体験をしました。「魚をさばくのは初めて」と言うみんな。さばいたサバは、夕食のお刺身になりました(^^)その後、タンカンの摘果作業や集落の方のみかん畑でのみかん収穫、さつまいもの収穫を行いました。

10月 西の京高校7 10月 西の京高校8

 夕方は、お隣の南九州市頴娃町にある釜蓋神社へ。海でも遊びました。

IMG_2712.jpg

 2日目は、朝9時に集合。みんなは、熊本へ旅立って行きました。あっという間にお別れ。それでも一緒にいろいろ体験することが出来て、私たちスタッフも楽しい時間を過ごしました(^^)

 

 10月1日(火)、第2ふじ保育園の年長さん9名と先生2名が自然花にてピザ作り体験をしました。夏のお泊まり保育の際に調理体験が出来なかったみんな。今回のピザ作りをとても楽しみにしてくれていました(^^)

10月 第2ふじ保育園(ピザ)1 10月 第2ふじ保育園(ピザ)2 10月 第2ふじ保育園(ピザ)3 10月 第2ふじ保育園(ピザ)4

 エプロンと三角巾を着けて、準備万端!(^^)まずは、ピザの生地を作りました。強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを混ぜ、水でこねていきました。生地がだんだん大きくなってくると「うんとこしょ、どっこいしょ!」と元気なかけ声がかかっていました(^^)

10月 第2ふじ保育園(ピザ)5 10月 第2ふじ保育園(ピザ)6

 生地を発酵させている間、みんなはもう一つ楽しみにしていた虫捕り&どんぐり拾いへ。集落を歩くと、ツリーハウス広場の周りにはどんぐりやクヌギの実があちこちに落ちていました。拾ったどんぐりやクヌギの実は、それぞれ虫かごへ(^^)大きなカマキリも捕まえていました。

10月 第2ふじ保育園(ピザ)7 10月 第2ふじ保育園(ピザ)8 10月 第2ふじ保育園(ピザ)9 10月 第2ふじ保育園(ピザ)10

 たくさん動いてお腹が減ったみんな。昼食は、お楽しみのピザです。発酵した生地を触って「柔らかい!」「あったかい」と嬉しそうでした。それぞれ生地をのばして、トッピングしました。自分たちで作った焼きたてのピザをみんなで食べました。「普段あまり食べないお友だちが、ぺろっと食べてしまった(^^)」というお話を先生からお聞きして、とても嬉しかったです(^^)

 9月30日(月)、まくらざき保育園の学童さん(1・2年生)21名と先生が、自然花にて体験を行いました。

 今回は、さつまいも収穫と昼食作りを行いました。

9月 まく保学童(1・2年)1 9月 まく保学童(1・2年)2 9月 まく保学童(1・2年)3 9月 まく保学童(1・2年)4

 まずは、みんなで畑へ。収穫時期を迎えたさつまいもをみんなで収穫しました。土で汚れることを気にしていた子どもたちでしたが、いざ収穫を始めると、笑顔であちこち掘っていました。裸足になって、土の感触を楽しむ子や泥団子作りを始める子もいました(^^)

9月 まく保学童(1・2年)5 9月 まく保学童(1・2年)5 9月 まく保学童(1・2年)7 9月 まく保学童(1・2年)8

 収穫したさつまいもを蒸かしつつ、昼食作りを行いました。今回のメニューは、野菜たっぷりの豚汁とさつまいも餃子を作りました。2年生の子たちが、中心になって昼食作りをしました。包丁の使い方も昨年に比べるとだいぶ上手になりました(^^)

9月 まく保学童(1・2年)9 9月 まく保学童(1・2年)10

 出来上がった豚汁とさつまいも餃子を昼食に食べました。去年も好評だったさつまいも餃子は、今回も人気!でした。旬の甘いさつまいもは、美味しくて、おやつにも蒸かして食べました(^^)

 9月28日(土)、まくらざき保育園の学童さん(3・4・5・6年生)11名と先生2名が、自然花にて体験を行いました。今回は、枕崎市のお隣、南さつま市坊津での塩作りを体験しました。

 いつもと違う環境での体験に子どもたちは、興味津々でした。

9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り2

 講師は、坊津でお塩を作っている「坊津の華」の日高さんにして頂きました。まずは、塩を作っている釜の説明を聞きました。海から汲み上げた海水を大きな釜で炊いていきます。6日間、火を炊き続けるという説明を受けたみんな。塩を炊いている小屋のあまりの暑さにびっくりしていました。

9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り3 9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り4 9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り5 9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り6

 海水から出来る「塩」の使い道についての説明をプリントを見ながら学習しました。また、出来上がっている塩を舐め、味の違いを体験しました。キュウリやリンゴ、キビナゴに実際に塩を付けて食べてみました。食べることになると、余計に目が輝く子どもたち(^^)普段食べているキュウリやリンゴ、キビナゴはいつもよりも数倍おいしく感じられました(^^)

9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り7 9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り8 9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り9 9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り10

 説明の間には、濃縮して煮詰められた海水で実際に塩作りを行いました。煮詰められた海水からたくさんの塩が出来上がっていました。それぞれ出来上がった塩をザルに上げる作業をしました。

9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り11 9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り13 

 出来上がった塩を脱水にかけ、水分を飛ばしました。途中、大きな塩の結晶を見つけて、びっくり。出来上がった塩で昼食のおにぎり作りをしました。昼食は、みんなで作ったおにぎり!とおかずを食べました。

9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り14 9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り15 9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り16 9月 まく保学童(3・4・5・6年)塩作り17

 午後は、海遊びへ。海に入って、大はしゃぎのみんなでした。貝を採って、急きょ、浜辺で茹でて食べました。1日、いろいろな体験をしたみんなでした(^^)

 塩作りの講師をしてくださった「坊津の華」の日高さん、ありがとうございました。

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30