「冬の伊佐市で自然・民泊体験」を行いました!

| コメント(0) | トラックバック(0)
 2月10日(土)、11日(日)の1泊2日の日程で「冬の伊佐市で自然・民泊体験」を行いました。この体験活動は、枕崎市より委託を受け「山村に元気な声をプロジェクト 南北でつながる交流の輪事業」の一環で行いました。今まで1月7日に枕崎市に住む親子が伊佐市での日帰り体験、1月21日に伊佐市に住む親子が枕崎市での日帰り体験を行いました。今回は、枕崎市に住む小学生が伊佐市での自然・民泊体験をしました。この体験を通して、子どもたちが自分の住んでいる地域との違いに気付いたり、改めて自分の住んでいる地域の良さ再発見し、感じることを目的に行いました。

 今回参加した子どもたちは、枕崎市内に住む小学4年生、6年生の7名。10日は、第2土曜日の為、午前中は学校があり、午後から伊佐市へ向けて出発しました。
 伊佐市に着くと、民泊の受け入れ家庭の方たちと初めてお会いした子どもたち。ちょっと緊張気味でしたが、受け入れ家庭の田野田さんご夫妻、栗原さんご夫妻に笑顔で迎えて頂きました。伊佐市での受け入れ家庭の方たちは、伊佐市グリーンツーリズムに加入され、関東からの修学旅行生が鹿児島へ民泊に来られた際、伊佐市での受け入れをされています。子どもたちは、それぞれの受け入れ家庭で夕食作りや団らん、2日目の体験などを行いました。竹細工作りやキーホルダー作りなど、それぞれ普段は出来ない体験をさせて頂きました。
 また、2日目は、伊佐市からの日帰り体験に参加した4名の伊佐市の子どもたちも参加し、枕崎市の子どもたちとの交流もしました。子どもたちは、様子を見に行った自然花スタッフに「昨日は夕食みんなで作ったよ」「夜は温泉に行ったよ」等、笑顔で教えてくれました。
冬の伊佐市で自然・民泊体験1冬の伊佐市で自然・民泊体験2冬の伊佐市で自然・民泊体験3冬の伊佐市で自然・民泊体験4冬の伊佐市で自然・民泊体験5冬の伊佐市で自然・民泊体験6
 今回の民泊を受け入れてくださった田野田さん、栗原さんありがとうございました。子どもたちは、初めての伊佐市、初めての子どもだけでのお泊り、初めて会う方たちとの関り等、初めてづくしの体験でしたが、温かく迎えて頂き、いろいろな経験をすることが出来ました。今回の体験で、自分の住んでいる地域と比べてみて、違いに気付いたり、改めて好きなところを発見できたりするきっかけになればと思います。帰りの車中で「また泊りに行きたい」と話す子どもたち。今後も交流が続けていければいいなと思いました。

※伊佐市は『鹿児島県の北海道』と言われています。その伊佐市の中でも寒さが厳しいと...写真のような天然のつららが!出来ていました。びっくり!でした。写真を撮った当日は、この地域は昼でも0度でした(><)近くには、旧布計小学校(昭和54年に廃校になっています)があり、木造の素敵な校舎でした。
冬の伊佐市で自然・民泊体験7冬の伊佐市で自然・民泊体験8

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kanri.geo.jp/mt/mt-tb.cgi/1137

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28