南日本新聞に掲載して頂きました!(10月18日付)

| コメント(0) | トラックバック(0)
 先日開催した「里山のくらしの体験集落めぐり」の様子を南日本新聞にご紹介して頂きました。

・里山で秋を体感 
 枕崎市美山町の木口屋集落で14日、「里山のくらしの体験集落めぐり」があり、大勢の親子連れが、実りの秋ならではの体験を楽しんだ。NPO法人子育てふれあいグループ自然花主催。サツマイモ堀やピザ焼きのほか、地元の高齢女性らの指導でみそ造りもあった。麦こうじや大豆を混ぜてみそを仕込んだ枕崎小学校2年森田千優さんは「軟らかくて楽しかった。おみそ汁を作ってもらうのが楽しみ」と話した。(新聞記事より)

 写真は、みそ造りの最後の工程「みそもみ」をしている様子でした。モロブタの中で麹の付いた麦と潰して塩を混ぜ込んでおいた大豆を混ぜ合わせ、数週間置いたものがみそになります。写真のモロブタは、みそもみしたものを別の容器に入れている途中だったので、奥の方にしかみそが残ってなかったのが残念ですが(><)写真に写っていた地域のおばあちゃんも喜んでくださいました(^^)
 昔は、各家庭で作っていたみそ。作る過程で大豆と同量の塩を使う様子を見て、体験者さんたちは「そんなに入れるの!」とびっくりされていましたが、麹がきれいに付いた麦は甘く、混ぜ合わせると優しい手作りならではの味になります。美味しいおみそは、2週間くらい熟成させると食べられます。参加者さんが、食べるのを楽しみに持ち帰られる様子が嬉しいでした(^^)

IMG_6297.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kanri.geo.jp/mt/mt-tb.cgi/1216

コメントする

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31