第1回 親子で学ぼう!畑のキッチン!を行いました!

 5月22日(日)、「親子で学ぼう!畑のキッチン!」の第1回目を行いました。この体験は、公益財団法人キユーピーみらいたまご財団の助成を受けて食育に関する体験をします。絵本の読み聞かせや実際の畑での収穫、収穫した野菜を使ってのクッキング、次回の野菜の植え付け体験等を通して、野菜や食への関心を持ち、親子で一緒に食について学んでもらう内容を年間5回行います。その1回目を実施しました。

 最初の計画では、4月下旬に「そらまめ」をメインにした体験を予定していましたが、悪天候の予報となり、今回に延期となっていました。そらまめの旬は過ぎてしまった為、今回の収穫する野菜は「じゃがいも」となりました。

 体験当日は、とっても良いお天気(^^)まずは、ツリーハウスの木陰のウッドデッキで絵本の読み聞かせをしました。枕崎市立図書館の朝田館長さんが、収穫するじゃがいもや植え付けをする夏野菜の絵本を読んでくださり、野菜に関するクイズもありました。クイズでは、お父さん、お母さんが知らない野菜に関する内容も出て「へぇー。知らなかったぁ」の声が挙がっていました。

 絵本の読み聞かせの後は、じゃがいも収穫をしました。じゃがいもは、春と秋の年2回収穫が出来る野菜です。土の中からゴロゴロ出てくるじゃがいも。かごにたくさん収穫出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 親子クッキングでは、じゃがいものカレーオイスター炒めを作りました。枕崎市でこども食堂の活動をされている『にんぎまんま』のみなさんが、それぞれの家族ごとに分かれてつくり方を教えてくださいました。子どもたちが、じゃがいもを切る様子をハラハラしながら見守るお父さん、お母さん(^^)「家では、包丁をあまり使わせていない。いい機会だ」との声も。切ったじゃがいもを水にさらし、フライパンで炒めながらカレー粉やオイスターソースで味付けをしました。

 昼食は、それぞれで作ったじゃがいものオイスターソース炒めとにんぎまんまのみなさんが作ってくださったそら豆ご飯、グリーンピースのポタージュを食べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お腹がいっぱいになり、広場で過ごした後は、夏野菜の植え付けをしました。4月に予定していた際に準備していたミニトマトやナスなどの苗は植える時期がずれてしまった為、スタッフが植え付けを行っていました。今回は、オクラの苗を植えました。枕崎市で農業をされているみよじ農園の山﨑さんに来て頂き、植え付けの仕方や育て方について教えていただきました。畑だけでなく、プランターにも植え付け、それぞれの家庭で生育家庭を観察したり、収穫したものを親子でクッキングします。畑に植え付けたものは、次回の「夏野菜」がメインの回で収穫します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食に関する盛りだくさんの内容となった今回の体験。次回は、8月に「夏野菜」をメインにした回を行います。体験を通して、野菜に関する絵本を読んだり、親子で一緒に野菜や土に触れたり、クッキングをしたりすることで野菜に関する興味をよりもってもらえれば嬉しいです。

 興味を持たれた方は、次回の体験にぜひご参加ください(^^)

 

 

 


2022年05月26日